キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 おさえておきたい4Cの婚約指輪 : 婚約指輪調査隊
おさえておきたい4Cの婚約指輪 : 婚約指輪調査隊

婚約指輪調査隊

婚約指輪には4Cという独自の評価基準があります。

おさえておきたい4Cの婚約指輪

さて、「婚約指輪を買おう!」となる前に、基本的な婚約指輪の知識だけはちゃんと持っておきましょう。

婚約指輪の基本は、「プラチナのリングにダイヤモンド」です。

最近はいろんな素材のものが出ていますが、やっぱり永遠に輝くプラチナとダイヤモンドのセットが憧れですよね!そこで予備知識として、ダイヤモンドの価値を示す「4C」はおさえておきましょう!「4C」とは、Carat(キャラット)・Color(カラー)・Clarity(クラリティ)・Cut(カット)の頭文字をとったもので、婚約指輪の評価基準となります。

Carat(キャラット)とは、ダイヤモンドの重量を示します。

1キャラットの直径は6.5mmになります。

Color(カラー)とは、ダイヤモンドの色を示します。

無色に近いほどダイヤモンドの価値は高く、最高ランクはDです。

Clarity(クラリティ)とは、ダイヤモンドの中の内包物の大きさやキズの程度を示します。

Cut(カット)とは、ダイヤモンドの見た目や最終的な姿に対する評価を示します。

価値の高い順に、「Excellent」「Very Good」「Good」「Fair」「Pour」となります。

この4つのCのレベルによって、婚約指輪の価格は大きく変わってきます。

購入する前には、事前によく調べた方がいいでしょう。

Yahoo! JAPAN


Copyright (C) www.meroformindia.net. All Rights Reserved.

婚約指輪調査隊